Brothers in arms

.

「何時の日のことか」


冷蔵庫に放り込んであったビール
キンキンに冷えたビールのなんて不味いことか
それに俺様は「麒麟」がキライなんだっつーのに!
これからその度に思い出すんだ


「そこいらのコンビニ前で十分」
打ち上げはアイツの家が多い
プルトップを引き剥がす缶ビールを
「わざわざ何でグラスに注ぐんだい?」
僕は本当はそのままで飲み干したいのに
僕はそのままが美味しいと思うよ?
おもてなしのつもりか知らないけど
「余計なお世話なんだ」
「あー最初から気に食わない野郎だって思ってた」
「お互いさまダヨ!」ww
「うっさいww」
「なんだよ~グラスのがそりゃあ、乾杯したカンジになるわな!」
「そういうことも美味しさのうち!なんだよ!」
「人それぞれだろーが!」


ソイツが今じゃお互いの家に遊びに行ったりしてね!
笑える!
そのくらいいい加減分かり合えたと思っていたのに




着込んで
久しぶりに袖を通す服
できればあまり締めたくないネクタイと
普段使わない靴べらを探した

DSC_9901-3.jpg

巷に溢れるラッキーアイテム
「僕コレだけ持ってるよ!」
せせら笑う声が聞こえた

DSC_9903-2.jpg

玄関を出たら
止まっている時間が動き出す
「このままでも良いよ」
いつまでも甘えたい気持ちと
ケジメを付ける時を


僕を置いて行った
「僕を置いて行きやがって」


おかげで何もかも手につかないよ

DSC_9905-2.jpg

覗いた面があまりにも
あまりにもフツーでいつものお前
今にも喋りだしそうな口元に
話しかける
「どうだい、上々かい?」(笑)
「ふーん...それより自分の心配しろってか!?」(笑)

いつもの声が聞きたい




「オマエさ」

DSC_9907-2.jpg

負けたくないから
お前より何でも知ってると思ってたけど
たった今から
「僕の知らないことひとつ、知ってるんだね」
「まあ、僕のが後輩なんで悔しかねえけど!」
「先輩ヅラは十年早いんダヨ!wwww」
「お愛想の時だきゃ大歓迎!だがな!wwww」
定刻だ


フンッ

いつもの声が聞きたい...ところで、
「オマエさ」
「ひとつ、聞きたいんだけど」

DSC_9917-2.jpg

「生きてる方が良いのかい?」
生きてると辛いことばかりだ
それでも「生きてる方が良いのかい?」


「なあ?居なくなったオマエなら、ホントはわかるんだろう?」

DSC_9916-2.jpg

長い静寂に
唯一響き渡るものは
どう考えても同じようにしか聞こえない
いつまでも続いてるよう
されどいつかは終わること
何かに似ている

さあ「お別れだ」


再び覗き込んだお前は
ついさっきよりも太ったんじゃねえの?ww
どっから見たって病人だったなんて
1000000人見ても誰一人思わないだろうよ

ああ、さっきの答え、聞いてなかったんだけど?


いつものふてぶてしい顔期待してた!けれど、
こんな幸せそうな顔しやがってさ!
手を握ったら戻って来そうなほどに
「憎らしいくらいでいてくれよ」

飲まずにはいられない
今では好きになったキンキンに冷えたビールを
「たまには麒麟もイイかもな?」
涙が止まらない...歪んだ眼で一瞬
微かに微笑んだ、ように見えて
「そいつが、そうなんだろうな」って思えたよ
「そいつは、いつの日か僕にもわかる日が来るんだろうって」
「人生の答えなんかわかっちゃ面白くないもんな!相棒」

DSC_9928-2.jpg




本当の最後
「線香よりもコイツが良いんだろ?」って
花とともに棺に好きだった赤ラークを入れてあげる
終わりは始まることと信じて















K・Yに捧ぐ
今日という日が来る幸せを
2015.02.28




ここまで
長文読んで頂いた皆さま
ありがとうございます
後、訪問させて頂きます

① D800+Nikon AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR Aモード 1/60sec f/4 35mm ISO100
② D800+SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Aモード 1/2500sec f/1.4 35mm ISO100
③ D800+SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Aモード 1/2500sec f/2 35mm ISO100 SB-700 TTL-3.0EV+バウンサー
④ D800+SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Aモード 1/2000sec f/1.8 35mm ISO100
⑤ D800+SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Aモード 1/640sec f/2.2 35mm ISO100
⑥ D800+SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Aモード 1/640sec f/2.2 35mm ISO100 SB-700 TTL-2.7EV+バウンサー
⑦ D800+SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Aモード 1/800sec f/2.5 35mm ISO100 SB-700 TTL-3.0EV+バウンサー














.
スポンサーサイト
[ 2015/02/28 20:07 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

二月

.

1月は安定
2月は別の意味で安定だ
そして短く



まだこれでもか!って寒さの中で撮ってない
ここら辺の寒さじゃ笑われるかもだけど

寒さの中で撮ってみたい
かつての新潟行業が懐かしい、そう、
思えるくらい寒さを忘れてる

つま先に指先掌
鼻の感覚が奪われていって
そのうち心折れるだろう
けどね
所詮たまの雪中撮影
寒さより好奇心が先立つ自分に
ちょっと嬉しいかも



IMG_0001 (900x601)

あー早く
どこかへ連れてって!と
せがまれる
寒さを忘れるくらい
僕を夢中にさせてくれるかい?






























.
[ 2015/02/11 20:04 ] 野外撮影 YOKO | TB(0) | CM(0)

散歩道

.

みなとみらいの散歩コース
桜木町なら汽車道を抜けて
赤レンガ倉庫は定番
早い時間のうちに回りたいってのもある
混雑する前にね

DSC_9750-2.jpg

けっこう撮ってるけど
赤レンガの中に入ったのは
実は二回ほど

興味が無いわけでなく
いつも大きいバッグだから
激混みの倉庫内は歩くのは不自由すぎて
物色するまでもなく
通り抜けるのがやっと
いつも並んでるカフェ
理由も知らない
おそらくパンケーキ?

DSC_9720-2.jpg

同じような理由で
洋館ももっぱら外ばかり
中に入ってみたいけど
ウロチョロするうちに
バッグに何か引っ掛けて壊しそうだから

カメラ女子的/旅行に来た的な勢力に
太刀打ちできないってのもある
まるで空気のような扱いでw
かなり寛容で寛大な僕でも
カメラ構えたところでカメラ持って前に来られると
心が折れますね…(-_-)
ひとりじゃ多勢に無勢ですから(^.^)

DSC_9728-2.jpg

汽車道から続くレールは
象の鼻パークの入り口の橋
隅っこで休憩して気持ちを切り替えたり
そのまま橋を渡って大桟橋へ行くことも
はたまた海岸通りへ出て
日本大通りのコースも多い

DSC_9771-2.jpg

陽気が良ければ
大桟橋のデッキで
座りながらゆっくり撮影も楽しめる
木の感触は座るのに居心地が良くて
いつまでもそのまま居座り続けそうで
眠気まで持って来られたら
ホント、サイコーだね?

街中で即行で撮るのも好きだし
こんなところでゆっくり撮るのも好き

DSC_9793-2.jpg

ひとりの時は真っ昼間からビールも良いね
ただ撮るのだけが目的じゃなく
散策ついでの横浜の撮影はいつまでも欠かせない
仕事では無理だけど
自分の生活の傍に娘たちが居ることが何よりも大事
















① D800+Nikon AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR Aモード 1/30sec f/5 16mm ISO100 クロップ
② D800+SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM Aモード 1/30sec f/4 105mm ISO100
③ D800+SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM Aモード 1/250sec f/4 24mm ISO100
④ D800+Nikon AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR Aモード 1/100sec f/4 22mm ISO100
⑤ D800+Nikon AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR Mモード 1/400sec f/6.3 35mm ISO100 SB-700TTL-2.0EV













.
[ 2015/01/29 18:56 ] 野外撮影 SUI | TB(0) | CM(0)

Friday I’m In Love

.

無理無理無理無理!


アレもソレもコレもドレも!?
したいことイッパイで!

一週間お仕事お疲れさま!
金曜日の帰り道
そーだね、もしかしたら
この時間がイチバンシアワセ!?
かもしれないね!
自然と早足になる
さっきまで連発したアクビが
ウソのように引っ込んだ
今日は金曜日
一週間走り回った棒のような脚も
一度決めたこと覆される度にニッコリやりくり

なんやかんやですり減っちゃう心も
どうにかなっちゃう週末のMagic!
今日は金曜日

DSC_8833-2.jpg

仕事のことなんて
四六時中頭から離れないけどホラ
午前中ひたすら忍耐
昼飯食ったらウトウトで
あと半日だと思ったら
あり得ないパワーみなぎって
片っ端から片付くよ

一週間お仕事お疲れさま!
今日は金曜日
職場から飛び出したら
イヤな事も忘れちまえよ

DSC_8850-2.jpg

んんー

けれどいくら休みが取れたからといっても
あっという間の二日間
足りないいくらあっても足りなくて

金曜日が待ちどうしい

DSC_8871-2.jpg

あー何でもできちゃう可能性は秘めてる、が
何もせず終わる可能性も否定出来ないw
なんたっていろんなコト、したいんだからね!
頭の中はイッパイで

計画倒れの昼下がりの日曜日...悶々

DSC_8889-2.jpg

でもね

やれる時間はあるのに
やるコト、決められなくて
時間だけは過ぎちゃってさ
時間が経てば経つほど
開き直って、寝ちゃおうか!?とか
思っちゃうコトあるけど

とりあえずカメラ握って突っ込んで
出かけちゃえ!みたいに
わかりきってない時でも
飛び出してみる勇気があれば
何か?待ってるんじゃないかな?


まあ
スナップはまるで興味がないから
もちろん君たちと一緒に!だね!
金曜日が待ち遠しいことに変わりはないよ!















① D800+SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Aモード 1/320sec f/3.2 35mm ISO100 内蔵フラッシュTTL-2.3EV
② D800+SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Aモード 1/320sec f/2.5 35mm ISO100 内蔵フラッシュTTL-2.3EV
③ D800+SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM Aモード 1/100sec f/5 75mm ISO100 内蔵フラッシュTTL-3.0EV
④ D800+SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM Aモード 1/125sec f/4 105mm ISO100 ISO100 内蔵フラッシュTTL-2.0EV













.
[ 2014/12/12 20:39 ] 野外撮影 SUI | TB(0) | CM(0)

(Cap off) Bohemian

.

眠気眼を擦って
お日様に向ってる
レールに沿って歩く道
きっと風が連れてきた
落ち葉がまばらに

1.2.3.4.
スティックを合わせ
一歩一歩どうして
避けるかのように歩いてく
けして不自然じゃないリズムに乗って
それに応える軋む甲鈑
いつしか眠気も引っ込んで

枯れ葉の絨毯だったら
目をつむっても大丈夫?
葉が幾層にも重なり合って
奏でるあの音は今オアズケだけど!



DSC_8805-2.jpg


ここは汽車道

ジョギングや散歩を楽しむ人たちと僕たち
日差しに浮かび上がるいくつもの靴音が
ボリュームを増してくパーカッションのように
次第に賑やかになってくる

盛り上がりは
ひとりじゃできないよ
いつだって他の助けがいる
五感に触れ合うことができるからこそ
人間だって言うんだゼ?
ひとりで盛り上がったってたかが知れてるんだ

どうだい? MAGICは
深呼吸をすることだ!

DSC_8812-2.jpg

今だけ

日向や日陰
太陽は変わらないようで変わってくる
夏の高い日差し
冬の斜光に
ここに訪れた時間をかけてたら 1.2.3.4.
ライブ・ショウの始まりだ

DSC_8825-2.jpg

下ろした背中のバッグに
足枷を外したかのような僕
自信のギターリフを聴いておくれよ
なくちゃならないリズムをキープ!
走り過ぎない後乗せのドラム
地面に据えた脚があるからこそ
指先から繰り出されるリレーズが
うねるベースラインのように生きてくる

親指を回せ!
中指を回せ!

DSC_8815-2.jpg

1.2.3.4.
流れるリズム隊に乗って
吐き出される君のボーカル
夢のような違うような、でも




そうだ、僕と踊ってくれるかい?
僕はカシュ、っと人差し指を押し込んだ

























① D800+SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Aモード 1/320sec f/2.8 35mm ISO100 内蔵フラッシュTTL-3.0EV
② D800+SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Aモード 1/320sec f/3.2 35mm ISO100 内蔵フラッシュTTL-3.0EV
③ D800+SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Aモード 1/800sec f/2.5 35mm ISO100
④ D800+SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Aモード 1/800sec f/2.5 35mm ISO100 内蔵フラッシュTTL-3.0EV












.
[ 2014/12/05 20:12 ] 野外撮影 SUI | TB(0) | CM(0)