スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

朝東風

.

腰を下ろす度に話し込んじゃう、ね
やっぱさあー

サイコーに好きなこと
共有できるのこと


サイコーだよね


名称未設定-1

を急かすような
暖かなイチニチ

気づいた頃にところどころに花を咲かせ
木の芽が緑色に広がりかけてさ
急に動き出したかのようで
僕たち置いてけぼり食っちゃったの?
夕日になって橙色が青くなる
まさにそんなシチュエーション
例えがワルイって?
ふーん
そいつは必ずやって来るけども
全部を見ることはできるかもしれない
全部を感じることは...きっと叶わないんじゃないかな?

おんなじ時間なんてありゃしないのよ

名称未設定-3

でも僕たちは出会ったよ
とある公園の垂れる枝から
ほのかにピンクに染まった花に
そっと顔を近づけたら良い匂いがしてきそうな予感


名称未設定-2

通りすがる人たちがふと、足を止める
指をさす家族連れ
首からカメラを下げる人たちは
見上げ続けて首が痛くなるんだろうね


僕たちも
今日出かけたおかげ、なんだよね


名称未設定-4 (534x800)

思い出したかのような呼び出しに
もう腰は良いのかい?
な~んだ、暖かくなったからだって言うの?
踏ん切りらしきものも...あったんだろうな
そう察するところもあったけど
口には出さずにいたさ
どーでも良いかな?そんなことは
だって、友達なんだぜ?
好きなことしてさ

一緒に歩き倒して
一緒に撮り倒したんだ.


正直...彼の構えたとこ見て
無意識に時々笑みが溢れるよ



「これがなきゃこうならなかったかも」って良く考える
断片的に考えるとつまらないことも
繋がりがあってって考えると
とても大事なことに思えてきて
いろんなことに感謝したくなるんだ
おんなじ時間なんてないから、こそ
繋がっているんだよ


名称未設定-6









ホントー、イチニチ付き合ってくださったthieri氏ありがとうございました!
まーでも今度はもうチット早めに誘ってくれると嬉しいんだがw

















.
スポンサーサイト
[ 2014/03/24 21:35 ] 野外撮影 Friends and Lovers | TB(0) | CM(2)

河津桜

.

こないだ自転車で
天王洲アイル行った時
早くも河津が咲いていたので
近場でどこかあるかな~とググると
三浦方面に有名な所があるではないか
三浦海岸駅から徒歩で行けるという
しかも満開

三浦海岸駅は車窓から眺めたくらいだった
小さい駅だよね
これじゃそんなに賑わわないんじゃない?
と高を括っていたのでありました...

DSC03216.jpg

ところが

気がつけば
どこを見ても人・人・人
朝のうちはまだいくらかマシだった
何て言うの?
スペースが通路になっているんでね
ドール撮影に限らず
撮影はとっても邪魔になるのね

DSC03220.jpg

三脚は持っていったけれど
出番なし
しょうがなく樹の枝に座らせたカットだけの撮影だったという...
これ以上会場まで行く気にもなれず
途中引き返したさっきの小さな駅は
これでもかくらいの人出で賑わう
僕らとは対照的に
輝いて見えたね
だから僕たちも
改札をくぐる直前
気が変わって134号線方面に歩き出したんだ















.
[ 2014/03/10 20:54 ] 野外撮影 YOKO | TB(0) | CM(0)

Fiction Of Life ××/××/20××

.

やっと脱ぎ捨てた上着を
羽織りなおした冷たい雨
越しに見上げる空が
白くもなく黒くもない青くもなく
どんよりと滲んだ空、ねえ
世の中の色が全部混ざっちゃったら
きっとこういう色になるのかな

DSC_6274.jpg

生きてきたうちで
その時々に映る色があった
楽しいことや嬉しこと辛いことに悲しいこと
数え切れないほどの出来事が混ざり合って
生きていくうちにその人の色になる
おれは滲んで滲んでどんな色があったなんて
いくつも覚えてないけど
隣に君が座ってたことだけは思い出す
思い出す笑顔が今までの
どんな色にも代わることなく
例えられることなく
の花が散る度
おれだけの色を胸にしまい込んだはずなのに

滲んで黒ずんできた空から零れ出す
思い出したあの日
知らずに頬を伝う
悲しいことはもうたくさん

DSC_6284.jpg

些細な事でも悩んだり
嬉しいことを伝えたり

夢をみる
夢のなかで生きる
夢のなかで生きれば
大概のコトは大した意味は持たずに
幾度目の春を迎えた


DSC_6340.jpg

我慢できなくなって溢れた
頬を伝う涙だけが心を癒す
滲んだ空から収まりきれない雫が
の花に伝わって
花びらを散らし
そして頬を濡らした

いい歳こいた男の情けない涙は幸い
誰にも見られずに済みそうで
の季節の冷たい雨にこの時ばかりはありがとう!って
君に代わってあの歌を口ずさんだ

DSC_6371.jpg

毎年散りゆくの花を見る
振り返り流れる記憶を
解きほぐす時
時の流れを感じた
今年の空は曇り空、雨模様
結局は毎年のように同じであっても

DSC_6395.jpg

今年だけの桜を
映し出す色は何色
鮮やかに輝くやさしく包み込むような色になりたい
あの桜のある通りに
居るはずのない君をみる

わかったんだ
くすんで滲む色の理由
溶け出して混ざり合ったわけでなく
ただ、いちばん好きな色が抜けてたんだってね

DSC_6301.jpg

カメラだけを持って
歩く桜のある通り












夢のなかで生きると思ってた
されど夢じゃ物足りない
















.
[ 2013/04/09 20:28 ] 野外撮影 | TB(0) | CM(0)

晴れでも雨でも

.

身も心も軽くなる
春が訪れた
なのに
ここんとこ天気は2日サイクルで入れ替わる
タイミング?
そうそう、タイミングが悪いんだよね
唯一の休みに合わせられちゃ
OH-!神様!たまらないよ!

名称未設定-1-21

オアズケを食らっても
言うこと聞かない仔犬のように
暴れれば目当てのオヤツを口にすることができるならね
仔犬ならあらカワイイ!ってなることが
おれらやったらシャレにならねえ
せめてさ!
手にした大事なオヤツを
掘って掘って穴に隠して
好きな時に食べれれば良いんだけど

お楽しみは後で!

名称未設定-1-22


たとえ毎日が晴れだったら
どんな生活を送っていたんだろうね
想像したらいつでも好きな時に出かけて
カメラと君たちと向きあってさ
楽しくなるのかな~?って思ったけど!

そんなんだったらいつでもいいや!って
考えちゃうことがイヤだから
やっぱ天気はこのままでイイよ!
晴れでも雨でも

名称未設定-1-17

天気の様変わり
生活があって
仕事があって
いろんなことがあって
その中で撮りに出かけたいんだ

名称未設定-1-15

でも
オアズケばっかりじゃ
イヤになっちゃうけどさ!














.
[ 2013/04/03 20:45 ] 野外撮影 | TB(0) | CM(2)

SAKURA

.

日曜日はを見に
横浜まで出かけました
あいにく曇り空のうえ気温が下がっていたけれど
そのぶん花見客の出足がゆっくりだったので
撮影するには都合が良かったかな

横浜元町から出発
丘を上がるように歩いていけば
いたる所にの木が
ここぞ!って場所に密集してないけれど
まんべんなくホントまんべんなく
の木があるっていう光景は
この辺りならではのものかと思います

元町の裏手にある
桃色の

名称未設定-1-3

少しルージュを塗ってみました...


は毎回のように上手く撮れない
進歩がないと思うのですが
くすんだ色になったり空がとび気味になったりと
帰ってから確認すると悔しいですね

名称未設定-1

ただねえ

と一緒に撮る!ってのは
もちろんのことなのだけれど
撮ってるうちっていうか
考えてることどーでも良くなっちまうくらい
桜の中で撮ることってのは
サイコーでハッピーなことなんだよ















.
[ 2013/03/26 23:59 ] 野外撮影 | TB(0) | CM(3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。