スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Brothers in arms

.

「何時の日のことか」


冷蔵庫に放り込んであったビール
キンキンに冷えたビールのなんて不味いことか
それに俺様は「麒麟」がキライなんだっつーのに!
これからその度に思い出すんだ


「そこいらのコンビニ前で十分」
打ち上げはアイツの家が多い
プルトップを引き剥がす缶ビールを
「わざわざ何でグラスに注ぐんだい?」
僕は本当はそのままで飲み干したいのに
僕はそのままが美味しいと思うよ?
おもてなしのつもりか知らないけど
「余計なお世話なんだ」
「あー最初から気に食わない野郎だって思ってた」
「お互いさまダヨ!」ww
「うっさいww」
「なんだよ~グラスのがそりゃあ、乾杯したカンジになるわな!」
「そういうことも美味しさのうち!なんだよ!」
「人それぞれだろーが!」


ソイツが今じゃお互いの家に遊びに行ったりしてね!
笑える!
そのくらいいい加減分かり合えたと思っていたのに




着込んで
久しぶりに袖を通す服
できればあまり締めたくないネクタイと
普段使わない靴べらを探した

DSC_9901-3.jpg

巷に溢れるラッキーアイテム
「僕コレだけ持ってるよ!」
せせら笑う声が聞こえた

DSC_9903-2.jpg

玄関を出たら
止まっている時間が動き出す
「このままでも良いよ」
いつまでも甘えたい気持ちと
ケジメを付ける時を


僕を置いて行った
「僕を置いて行きやがって」


おかげで何もかも手につかないよ

DSC_9905-2.jpg

覗いた面があまりにも
あまりにもフツーでいつものお前
今にも喋りだしそうな口元に
話しかける
「どうだい、上々かい?」(笑)
「ふーん...それより自分の心配しろってか!?」(笑)

いつもの声が聞きたい




「オマエさ」

DSC_9907-2.jpg

負けたくないから
お前より何でも知ってると思ってたけど
たった今から
「僕の知らないことひとつ、知ってるんだね」
「まあ、僕のが後輩なんで悔しかねえけど!」
「先輩ヅラは十年早いんダヨ!wwww」
「お愛想の時だきゃ大歓迎!だがな!wwww」
定刻だ


フンッ

いつもの声が聞きたい...ところで、
「オマエさ」
「ひとつ、聞きたいんだけど」

DSC_9917-2.jpg

「生きてる方が良いのかい?」
生きてると辛いことばかりだ
それでも「生きてる方が良いのかい?」


「なあ?居なくなったオマエなら、ホントはわかるんだろう?」

DSC_9916-2.jpg

長い静寂に
唯一響き渡るものは
どう考えても同じようにしか聞こえない
いつまでも続いてるよう
されどいつかは終わること
何かに似ている

さあ「お別れだ」


再び覗き込んだお前は
ついさっきよりも太ったんじゃねえの?ww
どっから見たって病人だったなんて
1000000人見ても誰一人思わないだろうよ

ああ、さっきの答え、聞いてなかったんだけど?


いつものふてぶてしい顔期待してた!けれど、
こんな幸せそうな顔しやがってさ!
手を握ったら戻って来そうなほどに
「憎らしいくらいでいてくれよ」

飲まずにはいられない
今では好きになったキンキンに冷えたビールを
「たまには麒麟もイイかもな?」
涙が止まらない...歪んだ眼で一瞬
微かに微笑んだ、ように見えて
「そいつが、そうなんだろうな」って思えたよ
「そいつは、いつの日か僕にもわかる日が来るんだろうって」
「人生の答えなんかわかっちゃ面白くないもんな!相棒」

DSC_9928-2.jpg




本当の最後
「線香よりもコイツが良いんだろ?」って
花とともに棺に好きだった赤ラークを入れてあげる
終わりは始まることと信じて















K・Yに捧ぐ
今日という日が来る幸せを
2015.02.28




ここまで
長文読んで頂いた皆さま
ありがとうございます
後、訪問させて頂きます

① D800+Nikon AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR Aモード 1/60sec f/4 35mm ISO100
② D800+SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Aモード 1/2500sec f/1.4 35mm ISO100
③ D800+SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Aモード 1/2500sec f/2 35mm ISO100 SB-700 TTL-3.0EV+バウンサー
④ D800+SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Aモード 1/2000sec f/1.8 35mm ISO100
⑤ D800+SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Aモード 1/640sec f/2.2 35mm ISO100
⑥ D800+SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Aモード 1/640sec f/2.2 35mm ISO100 SB-700 TTL-2.7EV+バウンサー
⑦ D800+SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Aモード 1/800sec f/2.5 35mm ISO100 SB-700 TTL-3.0EV+バウンサー














.
スポンサーサイト
[ 2015/02/28 20:07 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

汽車道を

.

君たちと出会わなかったら大して歩くことはなかったあの通り

もうすぐアツイ夏が来る
バスでも電車でも車でもダメで
フラフラになりながら歩くあの通りを
寄り道しながら進んでくあの通り

DSC_6844_20140613222929a1b.jpg

大桟橋の床を踏みつけたような
足の裏が妙に落ち着かない感覚が
気持ち良いことに気づいたら
きっとそこに腰を下ろしたくなる
大桟橋へと続く道

起伏にとんだ大桟橋の床
優しい感触を楽しみながら
かわりに浜風が体をすり抜けていき
いつしか汗も引いて
目の前に赤レンガ
コスモクロックへと続く
ランドマークを望み見上げてく青い空

暑さだろうが
何もかも忘れられる時間

DSC_6871.jpg












D800+SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM Mモード 1/320sec f/5 95mm ISO100 外部フラッシュ-2.0EV+バウンサー ここはいつも撮ってやろー!と思っていても実行に移せない場所No.1でした!しかし今回友人の力添えにより実現できて嬉しいです!結果は...まあ不満足なのですがw 背景とのバランスで試行錯誤でしたかね?
D800+SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM Aモード 1/400sec f/5 105mm ISO100 赤レンガパーク前の空き地はすっかりお花畑!季節の花がこれから楽しませてくれることでしょう












.
[ 2014/06/16 22:11 ] 野外撮影 SUI | TB(0) | CM(0)

草の上

.

寝っ転がってみようかな
青い空の下
シロツメクサの上に

DSC_6788.jpg

草の上に恐るおそる腰を下ろして
まだ湿ってる?
確かに湿ってる!

Yes? or No?

でもね、僕達がスヤスヤと眠りについている頃
ゆっくりと冷された地面の感触が伝わってきて
少しぐらいお尻が汚れたってかまわないよ!?
だって気持ちイイんだからさ!

寝っ転がってみようかな
青い空の下
シロツメクサの上に

DSC_6811.jpg



程よく湿ってる朝のヒンヤリとした空気
地面すれすれの草たちの温度を感じて
このまま再び眠りにつく
温度差が生きてるって実感に変わってくる時
いろいろなものからチカラを貰ってるんだなーと

DSC_6796.jpg


朝飯は抜いてたけれど
少しだけ気力が湧いてきて
少しだけ体が軽くなったよーな気がしてさ...

DSC_6798.jpg


「また暑くなるんだなー」
夏の日差しへ変わりつつある太陽を仰ぎながら
遮る赤レンガに向かって歩き出すんだ
青い空の下
シロツメクサたちと
僕たちの足あと












① D800+SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM Aモード 1/250sec f/4 24mm ISO100 桜木町駅からね、赤レンガまでそう大した距離じゃないんだけど、バッグが重いせいか一息つきたくなるね!実際はお尻冷たかったんですけど!w
② D800+SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM Aモード 1/400sec f/4 24mm ISO100 新しいレンズで初撮りなわけですが思ったよりもシャープ。24mmの感触を味わいたくてね。メインのレンズとなるので早く慣れたいのですが17-50mmと比べるとワイド端はおとなし目のカンジ...それと周辺光量落ちはけっこう盛大に出るなー
③ D800+SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM Aモード 1/400sec f/4 24mm ISO100
④ D800+SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM Aモード 1/100sec f/6.3 75mm ISO100











.
[ 2014/06/05 23:54 ] 野外撮影 YOKO | TB(0) | CM(0)

NEKO

.

汽車道抜けて
早いうちに大桟橋で撮るか!?
ってことで歩き出したとたん
赤レンガの前まで来たら何かやってる!

DSC03290.jpg

TAMIYA主催の電動ラジコン大会

「懐かしいー!」の一声に
意外にもthieri氏の反応が!
何と経験者だと言うではないか!
それもかなり「慣らした」らしいw
専門用語がポンポン飛び出す
僕も以前やっていたけど
「草レース」程度だったからね
あの頃に走らせたエンジンバギーが懐かしい

本戦のコースのそばに小さなコースは
お試しコーナー
すると「オレたちもやってみようよ!」
有無を言わさず受付に行ったthieri氏は
さっさとエントリーw

僕の分までねw

DSC_6082.jpg

二周のトータルタイムでタイムトライアル!

もうね...
thieri氏が走りだしたとたん負けたと思ったね
まあお試しなだけあってリミッターと言うか
かなりデチューンしてあるんだろうけど?
タイム的には...
僕が一周回る間におそらくthieri氏は
二周は回ってるねw
リミッターなかったら三周くらいいってるかも!?な
実力の持ち主で、かなーり見直しましたヨww

プロポのホイールを回す右手と
トリガーの繊細なアクセルワークの左手
ラジコンは楽しいって
僕は間違ってなかったと!思ったと同時に
何でやめちまったのかと思ったよ...

近くで走らせられたら
またやりたいな

DSC_6155.jpg

日が傾く頃に立ち寄るのは元町公園

その前に思い出した...
前回に訪れた時固く心に誓ったアレ

DSC_6217.jpg

「またたび」wwww

DSC_5861.jpg

参考記事[スイを狙う刺客」
危うく突撃かまされて倒れちゃうとこだったヨ
だからね...

DSC_6220.jpg

目には目を歯には歯を
手にはまたたび棒を!!

ナメられたらアカン!


DSC_6234.jpg

あっという間に引き寄せるコノチカラ

策にハマるおバカさんたち♡

DSC_6235.jpg

ww

ここまで集まると
策士冥利に尽きますな!
まだこの他に周りに3~4匹おりますねーちょっと警戒してるんだけども

戦果は

DSC_6237_20140331213740dd4.jpg

ラリってます!wwww
頬ずりーwwww

ってなわけで
これで一勝一敗ってとこかなー
三毛(当事者)には再戦が果たせなかったのはクヤシイ...
んんー思ったよりまたたびの威力が短いね
昔はもっと強力だと思ったんだがなー?

DSC_6187.jpg

日没と同時に撮影もお開きの時間
お付き合いいただいたthieri氏ありがとう!

DSC_6212-2.jpg














僕たち二人一年ぶりの野外撮影だったけど
ヘンに気張らないでホントお散歩のよう
この日は撮影以外でもいろいろ楽しめたこともあって
単に撮影ばっかするよりもリラックスできたかな?
イベントとかは自由なようで最近自由でない感じもするし
見えない型が出来上がっちゃってるっていうのか...窮屈に思える
こうやって外で様々なものに触れながら
話して撮って楽しめるような感じが自然なのかな
ま...大人数ってのが難しい面もあるけれど
そこまでに到達するにはイベントも撮影会も
あまりにも時間が短すぎるんだよな...僕には

















.
[ 2014/03/31 22:53 ] 野外撮影 Friends and Lovers | TB(0) | CM(2)

.




まだ少し肌寒い横浜に吹き抜ける
いつも思うんだよね
大抵撮影の前日はサイコーのコンデション
風もなく穏やかな天気で
桜木町から海岸へ
歩くついでに木々に目を向ける
「うーん...やっぱりね」

新港までの僅かな時間
「今日も風と友だちになれるかな?」

お日さまが頭の上に近づくうちに
冬の風ですら心地よくなってくる
押し出された空気が
だんだんとそこら中に春らしい空間を作り出して
命が吹き込まれたような
されど急かされた桜はまだ準備万端とはいってないみたい?
目をかざしてうっすらとピンク色に見えるような...見えないような?

「やっぱ、来週までオアズケだよね~?」

名称未設定-11

ここのところ一気に春めいた陽気に
淡い期待も水泡に帰す
空母のような大桟橋を背に
春らしからぬ日差しが眩しい

名称未設定-30 (2)

何となく仕事が忙しくなっていくうち
腐っていくんだ
けれどたまに
ホントーにたまにで良いから
こうやって出かけて季節ごとに吹く風を感じたい
体を吹き抜ける気持ちのイイ風が後押しする
僕の内から生まれる風と
溶け合って合わさって生まれるものだから
どんなものでも大切なんだよ?


名称未設定-20

何時果たされるかわからない
約束をずっと守ってるみたいにね

名称未設定-31

膿んだものを吹き飛ばして
時には激しい風を
たまにで良いから
そんなにツヨクナイ
時には熱くなった体を醒まし
荒んだ心を癒やす優しい風を
君たちが呼んでくれることを


名称未設定-21

横浜の片隅
いつも思うね
いつまでもこの時間が続いてくれれば良いのにって

















.
[ 2014/03/27 20:29 ] 野外撮影 Friends and Lovers | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。