FC2ブログ













連れていって

.

ここのところの不安定なお天気

梅雨に戻ったような空模様
曇っていたかと思うと
突然顔を出すお日さまのおかげと
え!?と思えるタイミングで降ってくるにわか雨が
蒸し暑くて
呼吸さえも速く
身体が悲鳴をあげる猛烈に熱い夏

DSC_3301_137 (800x531)

滴り落ちる汗がそれを物語っているけど
誰も好き好んで朝から晩まで重い荷物を担いでいるわけじゃない
これも今しかできない
そして今だからできるとも。


あつい夏が通り過ぎる中
精一杯歩きそして
見つめ合って微笑んだ


初めての夏が
忘れられない夏になることを










.
.

この夏は

人に言われるまで気がつかなかった
蝉の鳴き声
いつもどれくらいから鳴き始めるのか
そんなこと考えたこともなくて
暑さの到来と共にいつの間にか鳴き始めると思っていたから

そう言われれば
今年はまだ鳴き声を聴いてないな
街中でも関係なく鳴き、そして煩いくらいの大合唱
今年の初鳴きを聴いたのは
山下公園の木々の中
やかましい大合唱とはとても言えない
何とも細々とした独唱でした
でも今を考えたら
少なくとも
胸の中にある数々の不安のひとつでも
なくしてくれたんだ

DSC_3166_167 (800x531)

ここんとこは休みが少ないから
自分なりに考えて
ちょっぴり元気を充電!
いつもなら朝の時間をゆったり過ごしている人を尻目に
うらやましい、うらめしい視線を投げかけながら
そそくさと歩いて行くけど
今日は全く立場が違う!
反対目線で見てみたら
何か可笑しい!
同じ生活という枠の中で存在する時間


街が動き出した

DSC_3173_165 (800x531)

朝のこんな時間
もう、あっちもこっちもそっちも行きたいんだけどね!!
だけど!
さすがに一度にそんなに回れないから

ふだん一緒にいられないような場所を選んだよ!


DSC_3174_164 (565x850)

中華街
そんなにしょっちゅう来るとこじゃないけれど
横浜にしては確かな生活感のある場所

朝のせせこましいゴミ出しや仕込みの準備をする人々
いつも通りの朝と違って
おれたちは見えたかな?
見つめ合ってるから、ちょっとハズカシイけど
はにかんだ君から目が離せない!
できるならそんなおれたちのことを見て
心の片隅にでもとどめておいてくれたなら
いいな!!

DSC_3175_163 (565x850)

(崎陽軒の回し者ではありません)

意識しないで撮ったのが
ぶれないで撮れたから、SP1/4で!!
手振れ軽減の威力ってのは改めて感心する!

中華街の門から門を抜けて

DSC_3178_109 (800x531)

歩いては撮って

夢中になっていくのがだんだんわかるよ!
え!? 何にって?

わかるでしょ!?

DSC_3180_108 (800x531)

......


夢中になれることが
瞬間があるのはすばらしいこと

でもこれからのことも逃げられない現実で
それを感じながらも忘れようとして
夢中になりきっているのを
まだ君には悟られたくないかな。

一瞬でも君の表情が
固く曇るのは見たくないから

妙にしみじみしちゃったら
掛ける言葉を見つけられないわ

DSC_3183_160 (565x850)

開店時間にはまだ早い
キティもウインドウの中
しょうがないな
どーしても一緒に撮りたいって言うから
今日は言うことを聞いてあげる!!

あはは!

DSC_3188_159 (565x850)

ハルヒはちっちゃいので
三脚でかさ上げww

DSC_3192_158 (565x850)

どっかに出かけて撮ったり遊んだり
楽しいひと時を過ごす
他の余計なこと考えないで
夢中になれたらいいのに
心のはじっこにある消えないこと

DSC_3195_157 (800x531)

いつからか

学生の頃は
何にでも夢中になれた気がする
バイトして手に入れた僅かなお金
それでも何に使おうか!!って
ワクワクしてたよ!
レコードも選んだ末にやっと手に入れた一枚を
何度も擦りきれる勢いでかけた
あんまり袋から出し入れするから
静電気がハンパない!
でもスプレーは買わないというw
あげくのはてに
木工ボンドでパックとかww

今はお金はあっても
使っていてその頃のような気持ちにはなれないな
自由になるお金は増えたのに

お金の価値が下がった
おれの価値も下がった。

DSC_3196_156 (800x531)

朝も早くから一日撮って遊んで
尋常じゃない重さの荷物を担ぎ
炎天下で歩き倒す
フツーじゃ考えられないかも、だけど。
そこそこにってことで。

でもね、
楽しいことや悲しいこと
期待や不安
しがらみもみんな持ってるだろうけど
もちろんおれも

そんなことを常に抱えながらで
まあそれが生きるってことなんだよな。
イマイチ馬鹿になりきれない...
また明日のこととか考えちゃって
何に言ってるかわかんないかもだけど。
好きなことが純粋にそれだけを楽しめるって時間が
これから先あるのだろうか...

本当に自分らしい時間が
知らずしらずのうちに
どんどん減っていってるんだろうなぁ

DSC_3203_155 (565x850)

人からバカとか言われようが
遊びに行けたらその時だけでも
何もかも忘れるくらいに
君たちと一緒に楽しませて!!
朝も夜も関係なく
そんなことでさえ自由にならない時間が
もうそこまで来てるけど
家に帰って顔を見てたら泣けてくる。













.

関連記事
スポンサーサイト



[ 2011/08/06 22:24 ] 野外撮影 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://qqfr43kd.blog99.fc2.com/tb.php/123-1773f1fa