FC2ブログ













虚空

.

ぼくら二人あてもなく出かけた
行き慣れた場所なのに
どこか異国にでも来たように
存在をつきつけられ晒される


ぼくら二人あてもなく出かけた
「そこの角ちょっと曲がったとこにおいしい飯屋があるんだよ!」
耳に飛び込んでくる人々の会話は宙を舞い
ぼくらの会話は地を這って耳には届かない


すげえ前向きな
何でも受け入れる覚悟を決めているのに
それを周りにも望んでしまうのは
自分勝手とわかっちゃいるが…


名称未設定-1-7a


ぼくら二人あてもなく出かける
行き慣れた場所や
知らない場所
人がいるところや
人がいないところ
賑やかな繁華街と住宅街や
寂しい日陰の公園と日曜のオフィス街
汗が滴る夏や
震える冬
親しげな人や
蔑む人


ぼくら二人あてもなく出かけてる
でもさ交差し絡まるもの
少しずつ解きほぐしていくんだ













.

関連記事
スポンサーサイト



[ 2013/03/03 21:23 ] 野外撮影 | TB(0) | CM(2)

:れもん


外で撮影していると
いろいろなことがありますね
良いことも悪いことも

悪いことはほんのひと握りなのに一度出会っただけで
積み上げてきたものが一瞬で崩れ去る
凹み思考錯誤し我に返るってことも時には必要でしょう
状況は自分で選べないのは当然なのですが
状況を悪くも良くもできるのが野外撮影の魅力
考えが即実行で反映されるから楽しい
自分一人で完結することなく
周りを受け入れ形となったものを吐き出すひと時
きっと掛け替えのない時間となりますよ
[ 2013/03/11 17:27 ] [ 編集 ]

ドル者ではない方には見なれないので少し出かけただけで
同じ場所にいるのに別世界のような感覚に陥りますね・・・
声をかけてくる人
近づいては来てもじっと見てる人
軽蔑する人
様々いますね
あまり一般人の方は慣れてはないのは分かっていても
つい周りにも認めてほしいと思ってしまいますね
それは難しい事ですけど
いつかきっと認めてもらう時が来ますよね、きっと!

[ 2013/03/09 03:59 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://qqfr43kd.blog99.fc2.com/tb.php/259-f66108d2